<< 日本の長所01 | main | 日本の長所03:長所を自覚する大切さ >>
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| - | | - | - | pookmark |
日本の長所02:自己評価が低い日本人
BBC(英国放送協会)が中心となり、各国が世界に「好影響を与えているか」「悪影響を与えているか」を聞く調査については、このブログでも2回取り上げました。

世界でいちばん好影響を与える国は日本

日本「世界に良い影響」

2006年から行なわれているこの調査で、世界に肯定的な影響を与えている国の1位は3年連続で日本だったので、日本でもインターネットなどではかなり取り上げられました。

2009年に結果が出た4回目の調査では、21か国対象の世論調査で、「日本は世界に良い影響を与えている」という評価は56%となり、前回の調査と同じ数字でした(「悪い影響を与えている」は23%)。ただし順位は下げて、トップのドイツ61%、2位の英国58%、3位のカナダ57%に続き、日本は4位でした。
 
56%という数字は変らないのに順位を下げた理由はよく分からないのですが、調査方法に何かしら変更があるのかも知りません。この点は、のちほどよく調べて見たいと思います。
 
今日、この話題を再び取り上げたのは、別の観点からです。2008年(3回目)からは、日本の影響に関して、日本の世論調査結果もふくめることにしたことで、どのような変化が起ったかということです。

2008年の調査結果では、好影響では日本とドイツが56%ずつで並びましたが、悪影響という評価ではドイツが18%だったのに、日本では21%だったので、総合的にはドイツが1位ということになります。

ところが、自国民についての評価の内訳を見ると、ドイツ国民は75%が「自国は世界に好影響を与えている」と回答し、10%が「自国は悪影響を及ぼしている」と回答していたのです。一方、日本国民は36%が「自国は好影響を与えている」と回答し、15%が「自国は悪影響を及ぼしている」と回答したのです。

ドイツ国民の自信の数字75%と日本国民の自信のない数字36%の差は、当然全体の調査結果にある程度の影響をおよぼしているでしょう。

自国の世界に対する影響力を尋ねると、日本国民は世界で最も謙虚で否定的だったという結果が出ているのです。ちなみにアメリカ国民が次に謙虚で、56%がアメリカが世界に肯定的 な影響を与えていると回答しました。反対に、91%の中国人と、87%のロシア人が自国が世界に対して肯定的な影響を与えていると回答したということです。(増田悦佐『格差社会論はウソである』、「Global Views of USA Improve (2008.04.01)」参照)
 
何を問題にしたいのかというと、世界でもっとも好影響を与えていると世界中から見られている当の日本人が、世界でもっとも自己評価が低いということです。つまり自分の長所がいちばん分かっていないのが日本人なのではないかということです。
| 日本の長所 | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:08 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cooljp.jugem.jp/trackback/88
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< June 2014 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

関連

アクセス数の多かった本・ベスト10

このブログで取り上げてきた本のなかでいちばんアクセス数が多かった本のベスト10を選んでみました(2009年)。 (リンク先は、amazonのその本の画面です。) 私の紹介の仕方にもかなり左右されるので、基準は厳密なものではありません。 かなりおおざっぱなランキングですが、何かしら参考にはなると思います。  私は日本のここが好き!―外国人54人が語る』(1194) ◆ジャパナメリカ 日本発ポップカルチャー革命』(581) 『日本のポップパワー―世界を変えるコンテンツの実像』(577) ぁどーもアリガトだよ―在日外国人32人の“渡る日本はいい人ばかりだった”』(479) ァあと3年で、世界は江戸になる!-新「風流」経済学』(407) Αジャパンクールと江戸文化』(327) А格差社会論はウソである』(295) ─日本にノーベル賞が来る理由 (朝日新書)』(222) 『日本の曖昧力 (PHP新書)』(210) 『ウォーター・マネー「水資源大国」日本の逆襲 (Kobunsha Paperbacks 123)』(191) ★★★〜〜〜〜〜★★★ ベスト10には入りんませんでしたが、〜は次の通りです。 『なんとなく、日本人―世界に通用する強さの秘密 (PHP新書)』(184) 『アニメ文化外交 (ちくま新書)』(174) 『日本の「世界商品」力 (集英社新書)』(154) 『日本人はなぜ日本を愛せないのか (新潮選書)』(154) 『人類は「宗教」に勝てるか―一神教文明の終焉 (NHKブックス)』(153)

★臨死体験研究読本★

臨死体験研究読本―脳内幻覚説を徹底検証 』は、精神世界を論じながらも、具体性があるため、説得力があり、読み手にも理解しやすいものに仕上がっています。しかも、一向にテンションのおちない確信に満ちた筆致の迫力は全編に渡っており、かつてない熱気に満ちた力作です。◆これまでの外国の研究などの器用な整理やまとめをする日本の学者は多いでしょうが、本書は、独自の考察と分析によって外国の評価の高い研究を批判し、それらに対する自らの主張を明確にする、きわめてオリジナリティーの高い作品です。

管理人のTwitter

こちらで管理人がちぶやいています。 →管理人のTwitter

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH